2011年04月26日

イースター・卵さがし

子どもはどうして「さがす」のが大好きなんでしょう。昨日から「先生、明日は卵さがしやね」とワクワクしていました。イースターはイエス・キリストの復活をお祝いする時です。子どもと教師たちはみんな集まって講堂で合同礼拝をもちました。牧師先生が「卵はいのちなんだよ」と教えてくれました。今日の卵さがしは「物を探す」のでなく、「いのちを探す」、うれしい卵さがしでした。園庭のあちらこちらに隠れた卵をさがすのは大変でした!とうとう最後の一人になってしまったお友だちは、卵が見つからなくて涙がこぼれそうでした。でも友だちの応援と、一緒にさがしてくれる先生の励ましで、ついに、すべり台の上の卵を見つけることができました。よかった、よかった。卵を見つけた時のうれしさと、卵が見つからなかった時の悲しさと、両方覚えていて下さい。そして神さまは君のことをいつもそんな気持ちで見守って下さっていることを忘れないで下さい。
CIMG5927-sb.jpgCIMG5935-sb.jpgCIMG5948-sb.jpg

posted by mimi at 00:00| 日記