2011年11月01日

お芋ほり2011

土の中に眠っているお芋をスコップで起こします。出てくる、出てくる。大きなお芋、小さなお芋、まん丸なお芋、細いお芋、一つとして同じ形はありません。子どもたちはじょうずにスコップを使いながら、傷をつけないようにお芋を掘っています。ミミズが出てくれば驚き、虫が出てくれば半分逃げ腰になりながらじっと見つめています。お芋畑から見上げる空は高くて、美しい青色です。お芋ほりをしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。帰り道は公園でお弁当を食べて遊びましょうか。お手伝い下さった皆さん、ありがとうございました。お芋は園に持ち帰って子どもたちに持たせます。余ったお芋は手作り給食で園児と先生とでぜーんぶ食べちゃぉう。

CIMG7293-sb.jpgCIMG7297-sb.jpgCIMG7305-sb.jpg
posted by mimi at 00:00| 日記