2013年12月21日

クリスマス会 2013

今日はイエス様のお誕生を祝うクリスマス会。
この日のために11月の終わりからずっと練習してきました。先生からクリスマスのお話を聞いたり、絵本を読んでもらったりしながら、クリスマスのイメージを大切に温めてきました。私は子どもたちにも教師たちにも 「クリスマス会の本番というものはありません。練習の時もクリスマス会の時も、その時の一瞬一瞬を神さまに向けて心を深く集中することを大切にするのが、めぐみ幼稚園のクリスマスです。子どもたちと一緒にクリスマスの喜びを分かち合う最後の日に、ご家庭の方にも来ていただいて一緒にクリスマスを祝うということです」 と伝えてきました。ヨハネによる福音書は「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。」と記しています。子どもたちの心の中に、人を愛し神を愛する心を育てることが大切です。言葉を大切にする子どもは愛を大切にする人になります。
今年のクリスマス会も子どもたちから胸打つ喜びをたくさんもらいました。心を一つにした礼拝も、自分に与えられた役の言葉を大切にしたページェント(降誕劇)も一瞬ごとにすばらしいものでした。時間が経つのを忘れるほどの深い集中が、子どもたちにも観ていた私たちにもありました。それは子どもたちの中に流れている、神様と家族から愛されて生かされている深い喜びが生み出してくれたものだったと思います。
こんなにすてきな子どもたちを幼稚園に送り出してくださったご家庭に感謝いたします。
また、すてきなサンタクロースも園を訪ねてくれました。ありがとうございました。

20131221-1.JPG20131221-2.JPG20131221-3.JPG
posted by mimi at 00:00| 日記

2013年12月19日

2013年最後の図書館来園+絵本の修理

今日は小野田市立中央図書館の司書さんたちが来園し、絵本の読み聞かせやペープサートで子どもたちを喜ばせてくださいました。今年もお世話になりました。来年も子どもたちの絵本の世界をどんどん広げてください!よろしくお願いします。
別室では図書館司書の方から、貸出し用の絵本の痛みをどう修理すればよいのか、絵本係の保護者の方がレクチャーを受けてくださいました。園児に貸し出したいのに、本の痛みや落書きなどにより貸し出せない本が200冊以上もあります。来年は絵本を修理して頂きながら、少しずつでも子どもたちの手に渡る絵本を増やしたいと思います。よろしくお願いいたします。
IMG_2998-sb.jpgIMG_3005-sb.jpgIMG_3008-sb.jpg
posted by mimi at 00:00| 日記

大そうじ 2013年12月

明日で2学期も終わります。年末まで預かり保育がありますが、みんなで一緒に遊べる2学期もあと1日を残すだけになりました。今日はみんなで大そうじです。ぞうきんをしぼり、床を拭きます。自宅の大掃除で床をぞうきんで拭く家庭はどのくらいあるでしょうか。きれいにするのは気持ちよいこと、身体ぜんぶを使ってぞうきんがけすること、大切なことだと思います。
IMG_3010-sb.jpgIMG_3012-sb.jpgIMG_3015-sb.jpg
posted by mimi at 00:00| 日記

2013年12月18日

たんぽぽ広場 お楽しみ会

 今日は今年最後のたんぽぽ広場。お楽しみ会♪を行いました。雨が降ったにもかかわらず、たくさんの方が遊びに来てくださり、にぎやかな会となりました。制作ではペットボトルに星や丸のシールを貼り、リボンをつけて簡単クリスマスツリーを作りました。小さなお子様もペットボトルにお花紙やスズランテープを一生懸命に入れていました。作ったツリーを持って『あわてんぼうのサンタクロース』を歌っていると、どこから来たのか、サンタクロース登場!!みんな一瞬、手も止まり、目がテン…でも、サンタさんからプレゼントを受け取る時には笑顔で「ありがとう」も言えました。最後は部屋の外まで「バイバーイ!」と見送る子もいて、とても可愛かったです♡今日はあわてんぼうなサンタさんが、幼稚園にやって来ました。きっと、クリスマスにもみんなの家にサンタさんがやって来るのでしょう…楽しい年末年始をお過ごしください。そしてまた1月、元気に会いましょう。
 年明けのたんぽぽ広場は1月15日(水)リトミック教室からスタートです。お待ちしています。

IMG_2965.JPGIMG_2962.JPGIMG_2959.JPG
posted by mimi at 19:22| 日記

山陽小野田市社協、赤い羽根文庫2013

今年も山陽小野田市社協さんの「赤い羽根文庫」活動により、幼稚園に絵本を頂きました。毎年、幼稚園に絵本を寄贈してくださいます。子どもたちが喜ぶ絵本は何だろう?と先生たちが考えて選書してくれました。贈呈式には年長・ひかり組から2名が参加しました。
毎年、絵本を両手で抱えてうれしそうな子どもと一緒に園へと戻る帰り道、子どもと共に生きるうれしさを胸いっぱいに感じます。
今年はマンホールごとに絵本を運ぶ順番を交代しながら、急ぎ足で園に戻りました。来年はどんな子がどんな笑顔を見せてくれるでしょうか。
山陽小野田市社協の皆様、ありがとうございました。
IMG_2985-sb.jpgIMG_2991-sb.jpgIMG_2994-sb.jpg

posted by mimi at 00:00| 日記