2014年05月03日

年中みぎわ組の子どもたち

 最近、青いすべり台のまわりにピンク色の帽子の子どもたちがよく集まっています。年中みぎわ組の子どもたちです。遊びの中で自分たちのオリジナルルールを話し合っています。時々話し合いがまとまらないで、なかなか共同声明が出ません。TPPの交渉みたいになっていることもあります。これも成長の過程です。
DSCN7445-sb.jpg
 ちなみに「みぎわ組」の「みぎわ」とは、「水のほとり。水ぎわ。」という意味です。次の聖書のことばから付けられました。
 
  「主はわたしの牧者であって、わたしには乏しいことがない。
  主はわたしを緑の牧場に伏させ、いこいのみぎわに伴われる。
  主はわたしの魂をいきかえらせ、み名のためにわたしを正しい道に導かれる。
  たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。
  あなたがわたしと共におられるからです。
  あなたのむちと、あなたのつえはわたしを慰めます。
  あなたはわたしの敵の前で、わたしの前に宴を設け、
  わたしのこうべに油をそそがれる。わたしの杯はあふれます。 
  わたしの生きているかぎりは必ず恵みといつくしみとが伴うでしょう。
  わたしはとこしえに主の宮に住むでしょう。」
  (日本聖書協会『口語訳聖書』 詩篇23篇)
posted by mimi at 09:08| 日記

ぶどうの木 2014

 
 
 園に入るとすぐ右手にぶどうの木があります。今年も新しい枝が伸びてきました。ぶどうの実は新しい枝に実ります。
 「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」(ヨハネによる福音書15:5)
 
  神さまと、家庭と、幼稚園の仲間たちとしっかりつながって、豊かな実をむすぶ子どもたちに成長するように祈っています。
DSCN7435-sb.jpg
posted by mimi at 08:48| 日記