2014年07月07日

雨の日 登園

 雨の日は鬱陶しいものです。博多弁では、「しろしい」と言います。子どもたちは雨合羽を着たり、傘をさしたり、長靴を履いたりしています。雨の中、自分の足で歩いてくる子どもたちをうれしく思います。
 さて、雨が降ると園庭には不思議なクレーターが現れます。一度、見てみませんか。子どもたちの遊びを、雨水が水たまりとなってデコレーションしてくれています。
IMG_6165-sb.jpg
IMG_6158-sb.jpg
posted by mimi at 22:02| 日記