2016年06月03日

6月3日の子どもたち 2016

 晴れた、晴れた。子どもたちが園庭に続々と出てきます。
M1670003.jpg
 砂場はひっきりなしに子どもたちが遊びに来ます。
M1670005.jpg
 おや。モンシロチョウがブロッコリーの葉に卵を産みに来ました。
M1670008.jpg
 「チョウが来た」
 気づいた子どもたちが駆け寄りました。
M1670010.jpg
 「なに?」
 「なにがおるん?」
 誰かが関心をもつことがあると、周りの子どもたちも興味深げに集まってきます。
 気づき合い、教えあい、学び合います。
 おとなは「見てごらん、チョウがいるよ」とか「なになにがあるよ」と子どもに指示をしたがりますが、子どもは仲間の興味や好奇心に磁力のように反応して、自分たちで気づき合い、教え合い、学び合う存在なのです。
M1670011.jpg
 インゲン豆も大きく育ちました。収穫の時です。来週、茹でて子どもたちと一緒に食べてみましょう。
M1670016.jpg
 スイートピーも満開です。「赤いスイートピー ♪ 」を歌いました。
M1670015.jpg
 スイートピーは江戸時代末頃までには日本に入ってきたと言われています。
 1982年に松田聖子さんが歌った頃は、まだ流通できるほどの赤いスイートピーはなかったそうです。農家の方の努力により2002年頃に発色のよい赤いスイートピーの品種改良に成功したと聞きました。とてもきれいなので、園に来られたらぜひご覧ください。
 歌いたい方には、マイクも貸し出します。
posted by mimi at 00:00| 日記