2016年06月10日

6月10日の子どもたち 2016

M1710008.jpg
 園庭の一角で渋滞が発生。年少さんたちが呆然としています。
 みんなが「押す」こ夢中で、誰も「引く」ことに気づいていません。
 渋滞はなかなか解消しません。
 年少の一学期によく見られる光景です。
 自分たちで気づき合い、工夫して譲り合い、スムーズに動けるようになるには、
 「うまくいかないこと」をたくさん経験することも大切です。
M1710005.jpg
 風船かずらの芽がようやく出てきてくれました。
 毎日、ぐんぐん伸びていくことでしょう。
 子どもたちもぐんぐん伸びていきますよ。
posted by mimi at 00:00| 日記

花の日 訪問 2016

 今年は好天にめぐまれた花の日となりました。
 それぞれの家庭から少しずつお花をもちよって近隣の病院、施設、お世話になっている方を訪問します。
M1710002.jpg
 たくさんの種類のお花が集まりました。
M1710006.jpg
 どこに行っても子どもたちの訪問を歓迎していただき、とてもうれしく思います。
 特別養護老人ホーム「長寿園」では、車椅子に乗ったおじいちゃんあばあちゃんたちがたくさん待っていてくださいました。
M1710021.jpg
 一緒に手遊び歌で遊びましょう。
 嬉しさで涙ぐんでおられるおばあちゃんを拝見すると、「来てよかった」と思います。
 「また来てね」と声をかけられて、深くうなずく子どもたちの姿に心の育ちを感じます。
M1710026.jpg
 街路樹のプラタナスの葉も濃くしげってきました。ずんずん歩いていこう。
M1710042.jpg
 「この近くに友だちの家があるよ」
 「あそこのローソンに来たことがある」
 「葉っぱに蛾がとまっている」
 手をつないで歩きながら、あれやこれやとお話しています。
M1710055.jpg
 園に帰ってからフラワーアレンジメントにチャレンジ。
 小さな花を集めて盛ったり、豪快に一輪挿しにしたり。
M1710058.jpg
 お花はぜんぶ自分で選びます。かたち、色、香り、自分が好きな花と葉をどうぞ。
M1710061.jpg
 ご家庭に持ち帰ったフラワーアレンジメント、飾っていただいていることでしょう。
 今日一日、幼稚園の中はすてきなお花の香りでいっぱいでした。
 園児の訪問を受け入れてくださった皆様、お忙しいところ、ありがとうございました。
 19世紀にアメリカの教会で始められた「花の日」は、
 子どもたちに感謝と喜びの心を育てるために行われています。
 子どもが花を届ける姿に平和の尊さを思います。
 ありがとうございました。
posted by mimi at 00:00| 日記