2019年08月19日

8月19日 村中李衣先生による絵本の読み聞かせ 2019

ノートルダム清心女子大学の教授をされている
村中李衣先生が、ワンダ・ガアク著の絵本を
読み聞かせに来られました。
子どもたちの子どもらしい内面の育ちを
探求されるために来園されました。
絵本が始まる前に何やら楽しいことをしている。
「ぱっぱっぱーでおはよう!ぱっぱっぱーでおはよう!
ぱっぱっぱーでなんになる?」
DSC08487.jpg
「ちょうちょとはなびとわしになりました!」
と楽しい歌が始まったと思うと、
DSC08493.jpg
ちびちゃん、ちゅうくん、だいちゃん、まっくすくんが
遊びに来てくれて、みんなは大笑い!
DSC08508.jpg
そして、絵本が始まりました。
「100まんびきのねこ」と「なんにもないない」
という2冊の絵本を読まれました。
少し長めの絵本ではありましたが、
最後まで、村中先生の声に聞き入って真剣な表情に。
DSC08523.jpg
楽しい40分近くの読み聞かせをしてくださった村中先生に、
「ありがとうございました。また来週会おうね!」と
お礼を伝えました。
DSC08562.jpg
帰られた後、子どもたちと「なにんもないない」の
”ないない”の絵をかきました。
皆さんも、”ないない”とは、、と想像を膨らませてみてください。
DSC08570.jpg
ご協力ありがとうございました。
子どもたちの心の中で、
絵本の楽しさに気付いているかな。
posted by mimi at 18:00| 日記