2019年12月14日

12月14日 クリスマス会 2019

 今日は、小野田めぐみ幼稚園のクリスマス会。イエス様のご降誕をお祝いし、子どもたちはページェント(降誕劇)とキャンドルサービスを奉げます。出待ちの子どもたちは、賛美歌を歌い、心を一つにしてその時を待ちます。
DSC01755.jpg
DSC01757.jpg
DSC01753.jpg
DSC01759.jpg
 子どもたちが作ったクリッペです。クリッペを作り始めて3年目になります。だんだんとにぎやかになってきました。卒園していった子どもたちのクリスマス会を思い出します。
DSC01265.jpg
 クリスマス会の始まり。今年は風邪やインフルエンザのために参加できなかった子が多かったのですが、子どもたちは休んでいるお友だちの台詞や演技も懸命にカバーしてくれました。“困ったときは助け合う。自分に出来ることを頑張る”という気持ちが子どもたちの中に育っていることを嬉しく思います。
DSC01761.jpg
 補い合いながら、助け合いながら、ページェントは進んでいきます。お休みしている子どもたちの声と姿は今ここにはなくても、子どもたちにはお友だちの声が聞こえているし、存在を感じています。
DSC01763.jpg
 クリスマス会が目指すもの。子どもたちの内に、お友だちや隣人を愛する心を育てること。言葉によって、行いによって、思いによって。
DSC01766.jpg
 今年もサンタさんが来てくれました。卒園した小学生たちが鈴の音を鳴らしてくれました。
DSC01767.jpg
 保護者の皆様、地域の皆様、クリスマス会にご協力ありがとうございした。クリスマス会の脚本は大きな変化はありませんが、細部についてはそれぞれの年で手を入れています。商業的な劇では理想的な劇をするために理想的な俳優さんをオーディションで選びます。けれども幼稚園の劇は「今、ここに共にいる、子ども」と一緒に劇を創ります。成功することが目的ではなく、子どもたちの心が愛で満たされることが願いです。愛に満たされた子どもたちは、いつか自分の使命を見出す人になるでしょう。子どもたちの生涯にとって、このクリスマス会が一つの道しるべとなったとすれば、それはとても幸せなことです。皆様のお支えに深く感謝いたします。
 来年の子どもたちのために、ページェントの脚本の手直しが始まりました。子どもたちの心と体の豊かな育ちを願って、みんなで心を一つにして歩んでいきたいと思います。皆様のご家庭に主イエス様の平安と祝福をお祈り申し上げます。
posted by mimi at 19:00| 日記