2014年05月18日

子どもたちと先生

 園の中で、子どもたちと先生が話をしている姿をよく見ます。子どもたちは「せんせい!」と呼びます。先生たちは「なあに」と応えます。一日のうちに何回も、何十回も、何百回も、繰り返されることばのやりとり。子どもたちの声色、リズム、早さ、強弱、それらすべてから先生たちは子どもの心を聞きとってくれます。
IMG_4481-sb.jpg
IMG_4577-sb.jpg
IMG_4453-sb.jpg
DSCN7624-sb.jpg
posted by mimi at 19:57| 日記